特集

アウリスシェルズグロッケン
ペンタトニック7音

あてずっぽうでも、耳に心地のよい音

子どもがどんな風に叩いても、心地よいメロディーになる不思議な鉄琴。その真相は、シュタイナー教育で用いられるペンタトニック・スケールにありました。「ラ」の音を中心としたその優しく、包み込んでくれる音色を、お子さまと一緒に体感してみませんか。

サイズ 高さ3cm、幅21cm、奥行12cm、重さ590cm
素材 高さ3cm、幅21cm、奥行12cm、重さ590cm
製造者 AURIS(スウェーデン)
販売価格 9,500円

スウェーデンからやってきた、
優しくクリアな音色の不思議な鉄琴

幼い頃から本物に触れさせたい!楽器に親しみを持ってほしい!でも、私たち母親の心の状態によっては、子どもの鳴らすあのランダムな音が受け入れられない時もある。そんな時でもこのグロッケンなら大丈夫!

スウェーデンの楽器メーカー、アウリス社が作るアウリスシェルズグロッケン ペンタトニックは、どのように鍵盤を叩いても、美しく優しい音律を奏でてくれる楽器。鍵盤の下にあるフェルトのクッション材が音の響きを優しくし、響きを抑えてクリアな音にしてくれます。子どもが遊びながらあてずっぽうに弾いたメロディーも、なんとなく音楽になるから不思議です。

お子さまが音を奏でる以外にも、グロッケンを演奏しながらわらべうたを歌ったり、お子さまの鳴らす太鼓に合わせて演奏してみたり、はたまた遊びからご飯の時の区切りのチャイム代わりにポロロンロンと鳴らしてみたり。色々な使い方でお楽しみいただけます。

産声と同じ「ラ」の音を中心とした、おだやかな音律

なぜ、誰にでも耳障りにならないおだやかな音律が奏でられるのでしょうか。

その真相は、どの鍵盤を弾いても、不協和音にならず、ここちよいメロディになると言われる、ペンタトニック・スケールという「五度音階」構成だから。通常は「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の七度音階からなる音階ですが、そこから緊張度が高いドとファの音を抜いた5つの音のみを使った音階です。

シュタイナー教育(身体、生命、感情、自我を成長段階と個々の気質に合わせて、バランスよく伸ばしていくという思想の教育)の思想を取り入れたて作られた楽器の音色はあたたかく、包み込まれるような優しい響き。シュタイナー教育では「ラ」の音を太陽の音、心臓の音とし、産まれてきてすぐにあげる産声もこの「ラ」の音だと言われています。この自然界の中心の音、ラ音から上下五度で、シュタイナーの音楽教育で使われるほとんどの音楽は作られています。

シュタイナー教育でなくとも、「かごめ かごめ」、「かくれんぼ」、「うみ」などの日本の童謡でも、このペンタトニック・スケールを採用。実は、この音階は、世界中の子どもの間で、古くから親しまれてきたものだったのです。だから、耳に優しく、どこか懐かしい感じがするのかもしれません。「てるてるぼうず」他12曲の楽譜が同梱されているので、ぜひお子さまと一緒に奏でてみてください。

お子さまのファーストトイに、大切な方への出産祝いに、記念にずっととっておきたくなるような、アウリス シェルズグロッケン ペンタトニック7音にいかがでしょうか。

KM999-00071

¥ 9,500

在庫:

※価格はすべて税抜

→シェルズグロッケン ペンタトニック7音の詳細へ